内視鏡検査及び手術。胃、大腸、食道、十二指腸。芦屋駅近く(大阪駅から新快速で13分)の消化器科内視鏡専門クリニック。
全く苦痛のない検査をします。
  • 院長プロフィール

    院長ご挨拶

    三戸岡 英樹(みとおか ひでき)

    診療と治療が同時にできる画期的な内視鏡検査
    患者さまの立場に立った最高レベルの医療をお約束します。

    当クリニックでは「自分が患者になったときに受けたい医療を、患者さまに提供すること」という方針のもと、「お一人おひとりに、よりていねいでより完璧な診断と治療を行う」といった患者さま中心の医療を行っています。

    消化器内視鏡検査は一生に一度受ければよいというものではなく、定期的に受けることによってごく初期の小さなガンを発見でき、開腹手術をせずに切除するという早期治療が可能になります。そのためには、まったく苦痛がなく、いつでも何回でも気楽にうけたくなるような検査であることが必要だと考えています。

    これを実現するために、内視鏡専門医として長年培ってきた技術を駆使し、拡大内視鏡をはじめとする最新鋭の医療機器や意識下鎮静法や経口色素カプセル法などを用いた最高レベルの医療をお約束します。

    当クリニックでは、保険医療制度の制限を超え、全国でもめずらしい自由診療(自費診療)の内視鏡専門クリニックとしてより理想的な診断・治療の実現を目指しています。

     

    経歴

    1980年(昭和55年) 3月 神戸大学医学部医学科 卒業
    1980年(昭和55年) 11月~ 神戸大学附属病院第二内科 研修医
    1981年(昭和56年) 7月~ 須磨赤十字病院内科 医員
    1983年(昭和58年) 7月~ 神戸大学第二内科 医員
    1985年(昭和60年) 7月~ 神戸海岸病院内科 医員
    1989年(平成元年) 3月 神戸大学にて学位取得・医学博士
    1989年(平成元年) 5月~ 神戸海岸病院内科 医長
    1994年(平成6年) 4月~ 同 内科 部長
    1994年(平成6年) 6月~ 神戸海星病院 内科 部長
    1996年(平成8年) 7月~ 神戸海星病院 副院長・消化器病センター長
    2006年(平成18年) 4月~ 芦屋三戸岡クリニック 院長 神戸海星病院 消化器病センター 客員部長(兼務)

    所属学会

    日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会、日本内科学会、日本消化管学会、アメリカ消化器内視鏡学会

    資格

    日本消化器内視鏡学会認定専門医
    日本消化器内視鏡学会指導医
    日本消化器内視鏡学会近畿支部評議員
    日本消化器内視鏡学会本部評議員
    日本消化器病学会認定専門医
    日本消化器病学会近畿支部評議員
    日本消化器病学会学術評議員
    日本内科学会認定医
    日本消化管学会評議員
    アメリカ内視鏡学会会員
    ブラジル リオグランデ州立大学消化器科客員教授
    Best Doctors in Japan ™ 2006-2007, 2008-2009, 2010-2011, 2012-2013, 2014-2015, 2016-2017, 2018-2019
    神戸東ロータリークラブ会員

    受賞論文

    1995年日本消化器内視鏡学会賞受賞
    「Mitooka H, Fujimori T, Maeda S, et al. Minute flat depressed neopalstic lesions of the colon detected by contrast chromoscopy using an indigo carmine capsule. Gastrointest Endosc 41: 453-456,1995」
    その他の論文はこちら